地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、千葉市中央区の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

千葉市中央区の地域情報サイト「まいぷれ」

2019年10月1日の消費税増税に伴い、表記価格が実際の価格と異なる場合がございます。

食事誘発熱産生について

 パーソナルトレーニングジム D-HEARTS 千葉店のニュース

「食事誘発熱産生について」
こんにちは。
プライベートジムD-HEARTSです^ ^

〜食事誘発熱産生について〜

食事誘発性熱産生 / DIT(しょくじゆうはつせいねつさんせい)
食事をした後、安静にしていても代謝量が増大することをいいます。

食事を摂ると体内に吸収された栄養素が分解され
その一部が体熱となって消費されます。
このため食事をした後は、安静にしていても代謝量が増えます。

食事誘発性熱産生でどれくらいエネルギーを
消費するかは栄養素の種類によって異なります。

たんぱく質のみを摂取したときは摂取エネルギーの約30%、
糖質のみの場合は約6%、脂質のみの場合は約4%で、
通常の食事はこれらの混合なので約10%程度になります。

食事をした後、身体が暖かくなるのは
この食事誘発性熱産生によるものです。
加齢や運動不足で筋肉が衰えると、基礎代謝が
低下するだけでなく食事誘発性熱産生も低下します。

逆にトレーニングで筋肉を増やすと
食事誘発性熱産生は高くなるとされています。

また食事の摂り方としてよく噛まずに飲み込んだり、流動食だけを摂る場合に比べるとよく噛んで食べる方が食事誘発性熱産生は高くなるといわれています。

ダイエット目的でも筋肉量増加目的でも、食事は常に高タンパクにすべきです。
食事をしっかりコントロールして規則正しく三食取れるようにして素敵なボディメイクを実践していきましょう✨
スポーツクラブ・ジム等[パーソナルトレーニングジム]

パーソナルトレーニングジム D-HEARTS 千葉店

最新のニュース一覧へ
口コミ(3件)一覧へ