地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、千葉市中央区の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

千葉市中央区の地域情報サイト「まいぷれ」

九十九屋さんたの妖怪古今録

英雄神の誕生

自然の荒ぶる存在から、人間の側に立ったスサノオ

「スサノオのオロチ退治」のブロンズ像<br>画像出典:出雲中央通商店街 縁結びロード<br>http://www.izumo-center.com/bronze/
「スサノオのオロチ退治」のブロンズ像
画像出典:出雲中央通商店街 縁結びロード
http://www.izumo-center.com/bronze/
秋も深まってくると、お酒も美味しくなってきます。
でも、鬼も殺すような酒もあるくらいなので、注意ですよ。八岐大蛇も酒の魔力に破れたのですから。

 素戔嗚尊は八岐大蛇を倒す事を約束します。
夫婦に『汝衆菓を以て酒八甕を醸すべし』と、非常に強くした酒を用意させました。素戔嗚尊は奇稲田姫を櫛に変化させ身につけます。そして、素戔嗚尊自身は垣を張り巡らして八つの酒槽を作り、その一つ一つに酒を用意し、八岐大蛇を待ちます。
八岐大蛇は奇稲田姫を求め、垣を抜けて向かってきますが、その先の美酒に酒槽に気づき、首を突っ込み、酒を飲んでしまい、そして酔いつぶれてしまいました。

素戔嗚尊はその瞬間襲いかかります。
素戔鳴は持っていた十握剣を握り振るなか、八岐大蛇は目覚め、闘いが始まります。しかし、八岐大蛇は自分の身体が垣の為に自由にならず、闘いの末、素戔嗚尊は八岐大蛇を倒しました。

 この闘いは、様々なレトリックが含まれており、様々な謎解きがあるので、気になった人は、調べてみるのはいかがでしょうか?

 自分的に気になっているのは奇稲田姫を櫛にすることです。櫛は、豊穣の象徴であり、八岐大蛇に脅かされていた資産を、素戔嗚尊が得たのを示しています。また、櫛で髪を整える事で魔力が落ちる伝承もあるので、彼女を得ることで素戔嗚尊は自然の荒ぶる存在から、人間の側に立った英雄神になったのではないでしょうか。
九十九屋F&S
九十九屋さんたの創作の伝奇・ファンタジーと妖怪・モンスターのサイトです