地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、千葉市中央区の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

千葉市中央区の地域情報サイト「まいぷれ」

九十九屋さんたの妖怪古今録

土蜘蛛

能の演目にもなっている、古来からの妖怪

 ある時、源頼光は病気で伏せっていました。
 頼光といえば、武勇に優れた源氏の中でも、名の知れた英傑ですが、人の子であることに変わりはなく、病には勝てません。そこへ召使いの胡蝶が、薬をもって訪れます。ところが病は治るどころひどくなっていきました。
 夜も更けた頃、頼光の部屋に見知らぬ法師が現れます。不審に思った頼光が法師をよく見ると、正体が明らかになります。それは蜘蛛の化け物でした。蜘蛛は糸を放ち、頼光をがんじがらめにしようとします。頼光は、名刀膝丸を抜き、切りつけました。法師はたちまち姿を消してしまいました。
 騒ぎを聞きつけた頼光の郎党が駆けつけます。頼光は何があったかを語り、逃した蜘蛛の化け物を退治するように命じます。
 郎党が、化け物の血をたどっていくと、古塚にたどり着きます。壊すと、その中から現れたのは土蜘蛛の精でした。そして・・・

能の演目の中に『土蜘蛛』というものが含まれていることがあります。演じる方や、演出などによって、変わりますが、おおよそのストーリーが上のものです。ただ、典型的な勇者の怪物退治と思われるかもしれませんが、この土蜘蛛、そうシンプルな存在ではないのです。
九十九屋F&S
九十九屋さんたの創作の伝奇・ファンタジーと妖怪・モンスターのサイトです

人気のキーワード