地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、千葉市中央区の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

千葉市中央区の地域情報サイト「まいぷれ」

編集部のつぶやき(千葉・船橋・市川・習志野)

出版前のゲラを読んで書店にPOPを飾る熱い企画!

作家・書店・出版社がタッグを組んで実現した『中高生ゲラ読み企画』

この夏、千葉県内の40を超える書店が『中高生ゲラ読み企画』を行いました。千葉県出身の作家である清水晴木さんの新作で、8月22日発売の『体育会系探偵部タイタン! レボリューションズ』(講談社タイガ)のゲラ(校正用紙)を中高生に配布し、手作りのPOPを募ったもの。応募されたPOPは、実際に書店に飾られます。

手作業で準備した配布物。ゲラの一部には清水晴木さんのサインが!
講談社の封筒も講談社タイガのスタンプも、特別バージョンだそうですよ!

本来「ゲラ」は門外不出。しかも発売前に配布されるのは異例です。しかし作家・書店・出版社がタッグを組み、活字離れしがちな若い世代に読書の楽しさを伝え、書店に親しみを持ってもらおうと実現しました。

 

清水さんは検見川高校出身で、卒業後も母校とのふれあいを続け、手がけてきた作品もすべて千葉を舞台にしています。前作『体育会系探偵部タイタン!』(講談社タイガ)では、元野球部の主人公が体育会系探偵部(タイタン)で、スポコン感たっぷりに校内の謎を追いかけました。

 

ゲラは再校(2回目の校正)で、ここから800か所以上もの修正を施されて出版に至ったとか。ゲラと発売された作品と読み比べてみても楽しいかも。そしてこの企画を通して、出版関係の職業への関心も深まったことと思います。

未来屋書店船橋店(イオンモール船橋店内)では、清水晴木さんのコーナーが。
チーバくんをあしらった、千葉限定の帯をまとった作品が並べられています。

ポップを作るときは、実際に作品を読み、ネタばれにならないように注意しながら、惹きつける言葉を選んでいくそうです。

手描きのPOPは思わず目がいってしまいますね!